空腹時に筋トレは痩せる?逆効果?

本日は空腹時にトレーニングについてお話ししたいと思います。お仕事帰りや、時間がなくなかなか食事が摂れずにトレーニングを行なっている方も多いのではないでしょうか?

筋肉を大きくするには空腹時の筋トレは避けるべき

結論を言うと、体を大きくしたい、バルクアップしたい方は空腹時のトレーニングは避けるべきです。
そこで、空腹時にトレーニングを行うとどのようなことが起きるのかを紹介します。

空腹時の筋トレはこんな状態

空腹とは体内のエネルギーが枯渇している状態を指します。トレーニング時にはエネルギーがなければ、パワーが出せずにパフォーマンスが落ちてしまいます。また空腹時は糖質、脂質、たんぱく質などのさまざまな栄養素が枯渇している状態です。車で表現するとガソリンがない少ない状態です。糖質や脂質は筋肉をうごかすための栄養素として使われます。糖質が少ない場合はたんぱく質が次に使われますが、空腹時は筋肉にあるたんぱく質がエネルギー源として使われてしまうので、頑張ってトレーニングをしだとしても、結果的に筋肉を減らしてしまうことになります。
後は、糖質が不足しているとうまく頭が働かずトレーニングに集中できないこともあります。その状態だと思わぬケガのリスクもあります。以上が空腹時には起きることです。

空腹にならないためにはどうすればいいでしょうか?
それは食べるしかありません。
次にトレーニング前のおすすめの栄養摂取についてご紹介します。

筋トレ前の効果的な食事で空腹を避けてベストなパフォーマンスを出そう

食事をしてをそれを消化、吸収するまでには時間がかかるので、2〜3時間前がベストのタイミングです。
また、食事の時間が取れない方は1時間前〜30分前に、おにぎりやバナナなどの軽食がおすすめです。また満腹でトレーニングを行なってしまうと胃に血流が集中しているのでトレーニング時には筋肉に血液が回るので、結果胃に血流が回らずに消化不良になりお腹を下したり、体調不良に陥るので避けましょう。

以上、空腹時のトレーニングについてお話しさせていただきました。なかなか時間が取れずに食事が疎かになってしまいがちですが、今一度食事を見直して食事もトレーニングの一環として意識することが大切です。

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!