筋トレをすると体内から生み出されるテストステロンの効果と高め方

今回は筋トレをすると体内から生み出されるテストステロンの効果と高め方についてご説明致します。
この記事を読み終えた頃には更にトレーニングがしたくなる事でしょう。。。!

テストステロンの働きとは?

テストステロンとはいわば良質な男性ホルモンです。
テストステロンの値を高い状態にて保つ事が出来るとバイタリティを上げたり記憶力・集中力を上げる効果があります。
また活力が高まりモチベーションのアップにも貢献します。
テストステロン値が高い状態にあると更に筋肉量がアップしやすく筋量維持もしやすいです。
また生活習慣病の予防、健康増進も出来るので精神面も安定に保てます。
また歳を重ねても若々しくいれるので是非ともテストステロン値は高い状態で保ちたいところです。

テストステロン値をアップするには?

まずは4の5の言わず筋トレです!
適切なウエイトトレーニング、筋力トレーニングがテストステロンや成長ホルモンの分泌を促すことが分かっています。
自重で行なうスクワット、腕立て伏せだけでも適切なフォームで定期的に継続出来れば男性ホルモンの数値を高める事が出来て糖質代謝の改善により成人病の予防、基礎体力向上により姿勢も良くなります。

それに合わせて睡眠時間をしっかり確保して筋量を増やす為に高タンパク低脂質の食事を食べるように意識する事で体脂肪を低めに保ち、テストステロン値を更に高める事が可能です!
また亜鉛やマグネシウムの摂取も効果的なので卵や牛赤身、レバー等からタンパク質とともに亜鉛を摂取するのが理想的です。

また一日15~20分程度の日光浴でもテストステロンの分泌が2割程度上昇するので定期的に日光を浴びるようにしましょう。
またビタミンDの生成に日光浴は良く、身体の免疫力を高めます。
うつ病の予防効果もあり、体内時計を安定させて睡眠リズムを整えるためにも、朝日を浴びる習慣を作ると良いでしょう。

まとめ

読んで頂けると分かるかと思いますがとにかく健康的な生活習慣がテストステロン値を高める事に繋がります。

持続可能で健康的な食習慣、適度な睡眠時間の確保。
そして筋力トレーニングをする事でテストステロン値を高めていきましょう!

またテストステロンは男性ホルモンの1つですが、男性の10分の1ほどの量になりますが女性にも存在します。
女性の体調や心の活気にも関係があるため、減少しないよう生活習慣に気をつけることが大切です。

前向きで活力豊かな生活を創るために
是非テストステロンの存在を意識してみる事をおススメ致します!!

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!